神経内科について

 

 一般の方には“神経内科”は,まだどのような病気を診療しているのか分からない人も多いのではないでしょうか.精神科,神経科あるいは心療内科との区別が付かない人も多いと思います.不安,気持ちの落ち込み,幻覚・妄想などは精神科が専門です.精神的なストレスからくる身体の症状は心療内科が専門です.

 

神経内科は神経系と筋肉の異常によって起こる病気を診ます.神経系とは脳と脊髄,末梢神経をいいます.そのうち手術が必要な疾患は,脳神経外科や整形外科が扱います.神経系とは,大脳,小脳,脳幹,脊髄,末梢神経などが含まれます.この神経系の働きによって,話をしたり,手足を動かしたり,ものを食べたり,呼吸をしたり,たって歩いたり,痛さを感じたり,ものを見たり,聞いたり,いろいろなことを覚えたりすることができます.この重要な神経系が何かの異常をきたすと,いろいろな症状が出現します.

 

症状としては,

1. 頭痛 (頭の痛み)

2. めまい (くるくると自分が回るような感じや,周囲が回る感じ,ふらふらする)

3. てんかん発作 (手足をけいれんさせる,急におかしな行動をする)

4. 力が入らない (手足の力,指の力が入らない,顔がまがってしまう)

5. しびれ (半身がしびれる,手がしびれる,足がしびれる,顔がしびれる)

6. 言葉がおかしい (ことばが出てこない,言ったことが分からない,話すと口がもつれる)

7. 意識障害 (気を失ってしまう,呼んでも返事をしない,言うことがおかしい)

8. ものが見づらい (視力が低下する,ものが2重に見える,正面を見ているとどちらかが見えづらい)

9. ものが飲み込みにくい (食べたのものが飲み込みにくかったり,むせたりする)

10.痛み (顔や,手足がしびれていたい)

11.歩きづらい,歩けない (足を引きずる,足が出ない,歩くとふらつく)

12.身体がひとりでに動く (動かそうと思わなくても手足がふるえる,顔の筋肉が動く,首が曲がってしまう)

13.もの忘れ,認知症 (いろいろなことをすぐに忘れてしまう,今までできたことができなくなる.)

 

このような症状を引き起こす病気としては

急に症状が出現するが時間とともに回復してしまう発作性の病気として,緊張型頭痛,片頭痛,てんかん,良性発作性頭位変換めまい,一過性全健忘などの病気があります. 脳の血管がつまったり,やぶれたりする血管性の病気として,脳梗塞,クモ膜下出血,脳出血などがあります. 頭の中に細菌,ウィルス,カビなどが神経系に入り込み症状を引き起こす,髄膜炎,脳炎,脳膿瘍などの感染性の病気があります.怪我や外から力が加わって起こる,脳震盪,脳挫傷,脊髄損傷,頚椎症,椎間板ヘルニアなどの病気があります.原因はよく分かっていないが症状がゆっくりと進んでいく病気には,パーキンソン病,脊髄小脳変性症,アルツハイマー病,筋萎縮性側索硬化症などがあります.神経の情報を伝える神経線維を覆っている部分が壊れることによって起こる,脱髄性の病気としてギランバレー症候群,急性散在性脳脊髄炎,多発性硬化症などがあります.その他に免疫異常によって起こる病気で重症筋無力症,多発性硬化症などがあります.

その他に,内科の病気に伴って神経系の病気が起こることもあります.糖尿病に伴うしびれや力が入りにくくなる病気もあります.一酸化炭素中毒,シンナーなどによる中毒,他の毒物よる中毒もあります.ビタミンが足りなくなることによってもいろいろな神経系の症状を出すこともあります.

 

頭が痛い,めまいがする,身体がしびれるなどが多い症状です.神経内科の病気は聞き慣れない病気もありますが,多くは治療により症状の改善が得られます.心配なことがあれば,ちはる神経内科クリニックを受診してください.

 

ちはる神経内科クリニックでは症状についてのお話を聞き,その後に神経系のどこに異常があるかを診察します.その後にCTという脳の画像の検査を行い,総合的に病気を診断し,治療を行っていきます.